自動車の歴史館|車の進化の歴史とこれからの未来

自動車のはじまり

自動車は自らのエンジンで作った動力を輪に伝達して地上で乗客や貨物を運ぶ交通手段だ。
自動車を意味する英国英語単語である'car'はラテン語'carrus'あるいは'carrum'(車輪の乗り物)からきたし、アメリカ英語単語である'automobile'はギリシャ語'autos'(自ら)とラテン語'movere'(動く)からきた。 すなわち、'自ら動く'という意を有している。

 

動力に動く馬車は1770年に初めてリリースしたが、自動車の歴史はカール・ベンツが最初のガソリン自動車を開発した1885年から始まった。

 


※1885年型のベンツ

 

これによって自動車の歴史はデザインと技術の発展により時代を分けることが一般的だ。
普通下の説明とともに自動車歴史の時代を区分している。

 

自動車の歴史Brass era

 

1900年から1918年までの続いた初期は自動車構造に対する基準が確立される時期であった。
この時期のアメリカで使われる自動車は1880年代と1890年代に試みられた数多くの実験的デザインといったい動力システムはこれ以上試みられなかった。当時に確立された標準化された自動車構造はパナル ルバソのシステム パナル(フランス語:Systeme Panhard)であった。

 

パナル ルバソはシステム パナルを広範囲にライセンスしたし、はじめて標準化された自動車が製作された。この構造はエンジンを自動車前部に位置させて、後輪駆動Gulim方式、内燃機関、そして活動ギアを搭載したのが特徴だ。伝統的な4輪大型馬車形態に乗るスタイルは早く消えて行ったし、小型馬車の人気もやはり弱まった。

 

この時期の間、数百個の小さい自動車製作会社が登場して競争して自動車技術開発が進められた。
重要な技術では1930年ロバート ボッシュ(Robert Bosch)が考案した電気点火、1910年と1911年間にチャールズ コトリン(harles Kettering)が開発した電気自動始動機がある。

 

その他にも独立現価式装置、4輪ブレーキなどもこの時期に開発された。
スプリングが現価装置に広範囲に使われたし、フレーム材質は木でL形鋼に変わった。また、変速機と燃料吸入調節版を適用して多様な速度で走行することができるようになった。

 

だが、あらかじめ決定された固定速度で走行する自動車が以後にもずっと製作されていくことはなく、この時期の青果物は今後の主要技術になれなかった。

 

この時期にに生産された自動車の例を見れば次のとおりだ。

 


##1908年-1927年フォード モデルT -プレスギとビンテージ期に最も多く生産された自動車.モデルTは有性歯車式変速機とペダロ動作する制御システムが装着されている。

 


##1910年-1920年ブガッティ タイプ13 -進歩的な技術とデザインを持つ自動車競走用モデルだ。以後で類似モデルであるタイプ15,17,22,23が製作された。